(株)ストレスサポートセンター(SSCEAP)

開設のご挨拶

私たちはこれまで、福井県、石川県を中心に企業様のメンタル不調の方々の治療にあたってきました。そして、確かにその多く方はうつ病や双極性感情障害で比較的スムーズに回復され無事復職されました。しかし、今我々は大きな壁に直面しています。病気の遷延化と再発です。2014年日本うつ病リワーク研究会は、休養と薬物治療を施行し復職した方々を2年間追うと7割以上の方が再休職していると報告しています。患者さんやご家族にとっても大変な事態ですし、企業にとっても大きな問題です。

ここで、考えなければならない要素が二つあります。

1、うつ病以外の要素を考慮した対応が必要であること

一部の方には、ごく軽い自閉症スペクトラム症やADHDなどの発達障害を持った人がおられます。また、パーソナリティ障害や過去に重い心理的トラウマを抱えておられる方も少なくありません。さらに、意外とお思いでしょうが、若年認知症の初期はうつ病と診断されることもあります。

2、職場や家庭環境に配慮したり、時には介入しなければならない場合があること

いわゆる適応障害がこの問題を抱えることが多くあります。軽症であっても遷延したり、うつ病などに発展したりします。症状も多彩で、意外なものとして、確認癖などの強迫症状、アルコール乱用、自傷行為として出現することもあります。ハラスメント、オーバーワーク防止だけではなかなか解決しない課題があります。今回のストレスチェック制度をどう活用するかが大切だと考えます。

これらの問題は、ストレスチェックを実施するだけで解決するとは思えません。また、このような幅広い問題を産業医の先生に全てお任せすることは無理だと考えます。私たちは、主に産業医の先生のサポート役として、また、企業の発展の裏方として、お役に立ちたいと考え当社を立ち上げました。ご相談をお待ちします。

 

代表者: 松原六郎 精神科医 労働衛生コンサルタント

住所: 〒919-0418 坂井市春江町江留下高道36-1

業務内容: ストレスチェック制度およびその関連事業のサポート

お問合せ時間: 平日 9:00~16:00
TEL: 0776-97-5877